『Fukuryusui period』 お墓を考えるサクマ・ユウキの公式ウェブサイト

 ← サイトトップへ


C墓地や霊園と墳墓を考える

家族の聖地をどこに持つか






地域とつながる寺墓地


 お墓(墳墓)は遺骨を埋葬する場所であり、故人の供養を続けていく場所。お墓を置くことになる墓地の形態は、その成り立ちや経営主体により、いくつかに区分されます。墓地はどんなところにあるでしょうか?

 まず、お寺の境内が思い浮かぶでしょうか。寺院墓地(寺墓地)と呼ばれる墓地で、基本的には檀家のために用意された墓地です。檀家は古くから菩提寺と支え合う関係にあり、先祖代々にわたって葬祭供養の場面でお寺にお世話になる一方で、寄付などを通じてお寺を支えてきました。その関係性を見れば、お寺は地域の中心的な存在だと言えるでしょう。

 しかしながら、時代とともに日本人の価値観が多様化し、宗教を信仰することに対して抵抗感が生じたり、意識が軽薄になったりしてきた傾向も少なからず見られます。特に金銭的な面でお寺との関係を煩わしく感じるようになった人が、墓じまいしている人の中にいるのは事実です。

 寺墓地にお墓を持つメリットはあるのか? そんなことを考えてしまうかもしれませんが、「檀家だからこその住職との距離感」は、祭祀にあたっての安心感につながります。地域との結びつきや自身の精神的な安らぎの場を取り入れることに価値を見出せば、お寺との関係は生活にプラスになるはずです。



お墓にまつわる法律や規則


 寺墓地以外では、集落(地区)単位で管理されている「共同墓地」と呼ばれるものもあります。さらに小さな単位では、親族だけの墓地として古くから存在していた「野墓地」。田んぼの真ん中に数基の墓石だけが建つ風景を目にしたことはあるでしょうか。こうした墓地は、現行法が整備される前からあった「みなし墓地」です。

 現在の「墓地、埋葬等に関する法律」(通称、墓埋法)では、都道府県知事が許可した場所以外に遺骨を埋葬することはできません。そして埋葬にあたっては、所定の行政手続を経て交付される埋葬(改葬)許可証に基づいて行われます。ある程度の規模で開発・販売される「霊園」と呼ばれる場所も、その呼び名が違うだけで、この法律でいう墓地であることは同じです。

 霊園は大きく「公営霊園」と「民営霊園」に分けられます。公営霊園は地方自治体が管理運営するもので、宗教不問、墓石工事の石材店も自由ですが、使用申込できるのは、基本的にその自治体に住民票のある方限定。民営霊園は宗教法人が経営していますが、檀家にならなくても使用できます。居住地に制限はなく、宗教不問も多くありますが、一部宗旨宗派に使用を限定したり、法要の制限や手数料が発生ケースなど、詳細は霊園の使用規則によります。墓石工事も、霊園指定の石材店に限られるのが通例です。



建てた後に手にするお墓の価値とは?


 公営霊園も民営霊園も、その中で選ぶ区画によって、建てられるお墓の大きさや構造は変わります。面積はもちろん、間口と奥行の比率も影響します。霊園の使用規則で高さ制限やデザイン制限がある場合も。普通墓地・芝生墓地という区分や、西向き・東向きという区分もあります。

 選ぶ区画によって、お墓の外観だけではなく、墓石工事費や建てた後の供養のスタイルが変わってくるのです。その意味で、霊園選び(区画選び)はお墓づくりの枠を決めることになります。霊園の設備や環境、交通アクセス、費用など、建てた後のお墓参りの場面をイメージしながら、様々な視点で検討することが大切。民営霊園には指定石材店制度があるので、霊園を決める前に石材店を選ぶことも、理想のお墓づくりを実現するためのポイントです。

 お墓を持てば、そこは家族の聖地になります。子や孫にも相談しながら、お墓の場所を決めたいものです。自宅近くに建てるだけがお墓ではありません。子どもの生活圏だったり、家族の思い出の場所だったり。故人が好きな風景が見える場所だったり。家族の聖地として、お墓の価値をどこに置くか、これで墓地・霊園の選び方も変わってくるはずです。


寺墓地のイメージ

寺院の境内に置かれる寺墓地。お寺に抱かれるようにして建ち並ぶ墓石は、檀家の先祖代々のお墓。古くから続くその檀家と菩提寺の関係は、地域のつながりを強めることにもなった。これからの時代の寺墓地とは? お墓参りやお寺巡りを体感した時の心の変化や清々しい気持ち。そこにヒントがある。
 
公営霊園のイメージ

自治体が整備した公営霊園は、地元住民のための霊園。宗教法人が経営する民営霊園のような祭祀供養の色合いはなく、あくまで遺骨を納める場所として墓地を提供する。これまでは簡素・質素なイメージだったが、最近では景観に配慮した霊園や、休憩施設などを整備した霊園も増えてきた。


<<< B負担軽減のお墓づくりを考えるD墓石と石材業界を考える >>>

 ページトップ

copyright(C)2021 Sakuma Yuki all rights reserved.