『Fukuryusui period』 お墓を考えるサクマ・ユウキの公式ウェブサイト

 ← サイトトップへ


A墓じまいと改葬を考える

「お墓を持たないこと」が墓じまいではない






墓じまいは改葬するということ


 少子高齢化のなかで「終活」という言葉が社会に浸透し、墓じまいがテーマに取り上げられる機会が増えてきました。墓じまいとは文字通り、お墓を終う(しまう)ことですが、誤解もあるようです。お墓を持たないことが墓じまいだと思っていませんか?

 墓じまいは「改葬における1つの工程」に過ぎません。お墓に納められている全ての遺骨を改葬した上で墓石などを撤去し、墓地の管理者へ墓地を返還する部分を指します。返還するためには原状回復が求められるため、墓地を更地にする必要があるのです。そして、遺骨の改葬先確保が前提にあります。

 墓地を返還すると、購入した時に支払った永代使用料が戻ってくるのでは?と考える方もいるようですが、墓地を購入するとは、正しくは「永代にわたる墓地の使用許可を取得する」ことですので、土地を売却するのとは違います。費用や手続の面で、ご家族にそれなりの負担をかけるのが墓じまいです。




供養を続けるための改葬


 改葬は場所を改めて埋葬すること。遺骨をお寺や自治体にお任せすることではありません。遠方の故郷にあるお墓から、自宅近くの霊園にお墓を建てて改葬したり、将来の承継対策として、親族のお墓へ改葬したり。改葬はこれからも故人の供養を続けるために選択される一つの方法です。

 一方で合葬式のお墓は承継を前提としておらず、毎年の管理料もかかりません。無縁墓を整理したり、承継者がいない人でも安心できるように配慮されたもので、少子化を背景に改葬先として選ぶ人が増えてきています。

 これを都合よく解釈し、「子どもに負担をかけたくない」という理由をつけて、承継者となる子どもがいるにもかかわらず合葬施設に改葬したり、自身の遺骨を納める場所として申し込む人がいます。

 終活という名のもとで、あたかも「時代に合った新しいお墓の選び方」のごとく紹介されるなど、墓じまい後の行き先として合葬墓が肯定的に捉えられていることに危機感を持ちます。その行為は単なる供養の放棄です。



子どもために供養の放棄?


 永代供養墓の広告を見ると、「ご家族に代わってお寺が供養します」のようなキャッチコピーが踊ります。中には「子どもに負担をかけたくない方は…」などの文言も見られます。供養の放棄を宗教者が勧めているように思えるのは私だけでしょうか。檀家離れに悩むお寺の業態転換ではないかと。

 公営霊園にも合葬施設が整備され、生前申込もできるようです。合葬墓の呼び名については、お寺では「永代供養墓」ということが多いのですが、公営霊園では「合葬」という文字で表されることが一般的。自治体は宗教とは無縁。そもそも宗教の教えを根拠にした供養の概念がないからです。

 いずれにしても、合葬墓へ納めた遺骨は原則二度と取り戻せません。なぜなら骨壺から取り出されて、他人の遺骨と混じり合わされてしまうからです(骨壺のまま収蔵し、所定の期間経過後に合葬されるものもある)。見ず知らずの他人と一緒に納められるのが合葬墓。子どもがいても選択しますか? まして今あるお墓を壊してまでやることですか?


市川市霊園の合葬式墓地

写真は千葉県市川市の公営霊園「市川市霊園」に整備されている合葬施設で、5,000体の遺骨を収蔵できるもの。無縁墓対策と墓地供給(返還区画の再募集)の観点から、自治体としても、承継者がいない既存の墓地名義人に対して、合葬墓への改葬を促す施策に取り組んでいる。
 
供養イメージ

墓守というと大きな負担を感じてしまうが、目的は故人を供養するということ。毎年かかる管理料を将来子どもに負担させたくないという理由で、供養の場を子や孫から奪えるものなのか。お墓を守ることは迷惑なことなのか。生きていく上で大切なことを見失っていないか。


<<< @お墓の承継を考えるB負担軽減のお墓づくりを考える >>>

 ページトップ

copyright(C)2021 Sakuma Yuki all rights reserved.