お墓づくりプランナーが提案する 機能的で負担を軽減するお墓 設計舎サクマサーベイ北総  
   
     
  サイトトップお墓リフォーム   
 
Sakuma 
Survey

 ご家族の負担を減らす
 サクマサーベイの「お墓リフォーム」

例えば、代替わりでのリフォーム
昭和のお墓から考える令和のお墓とは



昭和に建立されたお墓の多くは、階段左右や石塔の脇に植栽を施しています。お墓参りの間隔があいてしまうと、剪定のタイミングを逃して植木が大きく成長してしまい、根が墓石を押して石材と石材の接合部分「目地」が切れてしまいます。さらに進行すると墓石がずれてしまったり、倒れてしまうこともあります。

昭和のお墓は、お墓参りを前提に考えられたお墓です。時代の変化とともに社会環境は大きく変化し、お墓参りに行きたくても頻繁に行けないご事情を抱えている方は少なくありません。
お墓参りの回数が減ってもメンテナンスに手間のかからないお墓にしていくことは、これからのお墓づくりのポイントになります。

例えば、植木を撤去し敷石を張る。こうすることで草の生えないお墓になります。
例えば、囲障の高さを極端に低くする。こうすることで、風にあおられた落ち葉やゴミがお墓の四隅にたまりにくくなり、排水環境が良くなります。

サクマサーベイでは、見た目のデザイン以前に
「機能的であること」「ご家族のライフスタイルに合っていること」がこれからのお墓づくりに大事だと考えます。

不要なデザインは不要なコストを生みます。令和時代にふさわしいお墓を一緒に考えていきましょう。

リフォーム前のお墓イメージ

 お墓リフォームの施工例はこちら
 お墓の機能性を高めた施工例をご紹介します



お墓のリフォーム(改修工事)
     
お墓のリフォーム(改修工事)イメージ   ・建て替え工事
・雑草対策工事(石張り)
・排水機能向上工事
・メンテナンス軽減化工事
・バリアフリー化工事(階段撤去)
・両家墓化工事
 
ご相談事例
「お墓参りに頻繁に行けないので、雑草が生えないお墓にしたい。」
「石が傾いてしまったので、建て替えを検討したい。」
「植木をなくして、段差のない広々としたお墓にしたい。」

「両家墓にリフォームして、承継問題を解決したい。」


  設計舎サクマサーベイ北総 代表 佐久間雄樹 サクマサーベイ・代表より

次の世代のために、守りやすいお墓にすること、お墓参りの負担を軽くすること。サクマサーベイでは、ご家族の代替わりでお考えになられる方が多い「お墓のリフォーム」に力を入れています。

少子化や核家族化などの社会環境の変化を受け入れ、ご家族のカタチに合わせたお墓をつくることが設計者としての使命であると考えています。終活や相続を機に、お参りしやすい機能的なお墓にリフォームしたい方、耐震性の高いお墓に建て替えたい方など、ぜひご相談ください。

サクマサーベイでは、施工品質に直接影響する基礎工事や石材の据付工事は、信頼できる石材産地の職人と連携しています。そのため、自社施工の会社では曖昧な関係になりやすい施工監理についても、設計者の立場から厳正に行なっております。

「承継者がいないから・・・」「お墓参りが大変だから・・・」で諦める前に、ぜひご相談ください。今持っているお墓の価値を最大限にしていきましょう。

 



お問い合わせ・ご相談は
専用送信フォーム
または
お墓づくりプランナー サクマ・ユウキ 直通
TEL.080-9659-6225
毎日 9:00−17:00

公営霊園でしたら 建てた石材店以外でも お墓のリフォーム工事ができます


Contents

これからのお墓にリフォームしたい。「お墓リフォーム」
安心できるお墓を建立したい。
お墓の引っ越しと墓じまいをしたい。「改葬・墓じまい支援」
千葉・茨城・栃木の公営霊園を探す。
初めて建てるお墓ガイド

八柱霊園特集

代表者プロフィール
プランや費用の相談をしたい。
よくある質問Q&A
社会貢献への取り組み



Office

取手駅西口直結の北関東営業センターでは、事前予約制で墓石工事のご相談を承ります。
設計舎サクマサーベイ北総
本店/北関東営業センター
〒302-0024
茨城県取手市新町1-9-1 501区画
リボンとりで5階Match-hako内
TEL. 080-9659-6225
FAX. 050-6868-2085

Access.
JR常磐線快速(上野東京ライン)、JR常磐線各駅停車(東京メトロ千代田線・小田急線直通)、関東鉄道常総線 取手駅下車 西口徒歩1分

事務所でのご相談・お打合せは事前予約制です。


松戸、船橋、渋谷、汐留、六本木の各ミーティングスペースもご案内できます。
  サイトトップお墓リフォーム

ページトップ
プライバシーポリシー

 
  copyright(C)2020 Sakuma survey all rights reserved.