サクマ・ユウキ公式ウェブサイト<付録>公営霊園情報  
 
   
  サイトトップ 栃木市聖地公園  
 

栃木市聖地公園を見てみる

 
昭和54年に開園した栃木市聖地公園は、その後の拡張整備を経て、現在2,282区画を有する市営霊園として、市民に利用されています。芝生墓地の場合、市の墓園条例施行規則で定められた墓石の形状があるため、墓石デザインの制約を受けることになります。現在使用者の募集は行われていませんが、墓地の返還など、今後の状況によっては再募集となる可能性もありますので、栃木市ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

このページは、サクマ・ユウキが独自に取材・編集して作成しています。掲載の情報は公開時点のものであり、最新の状況は自治体ウェブサイトまたは担当課窓口などでご確認ください。

 


霊園を歩く

  入口右手の駐車場   傾斜地の芝生墓地  
  入口駐車場
霊園に入ってすぐ右手にある駐車場。ここは管理事務所と第1種〜第3種の区画が近いところにあります。
  芝生墓地(傾斜地)
傾斜地にひな壇状に設けられた第1種〜第3種、第5・6種は芝生墓地になっています。規格墓地とも呼ばれており、墓石の形状は市が定めたものでなければなりません。栃木市聖地公園の芝生墓地は、自由なデザインでお墓を建てられないという最大のデメリットがあります。
 
         
  入口すぐにある管理事務所   ひな壇状の区画  
  管理事務所
霊園入口に管理事務所の建物があります。
  墓前の通路(傾斜地)
通路はすべて舗装されていますが、傾斜はきついです。それと引き換えに、眺めは良好。お墓は山を背にして建っています。
 
         
  区画を示す案内板   平坦地エリアの駐車場  
  案内板
区画の位置を示す案内板は、霊園内に数か所設置されており、わかりやすい案内となっています。
  駐車場(第4種・第7・8種)
入口駐車場の先へ進んだところにある平坦地エリア専用の駐車場です。
 
         
  平坦地の芝生墓地   歩きやすい通路  
  芝生墓地(平坦地)
高さを抑えた墓石が並ぶ芝生墓地ですので、開放的な空間となっています。平坦で日当たり良好。芝生もきれいに管理されています。なお、こちらの芝生墓地も規格墓地として、墓石の形状は市が定めたものから選ぶことになります。
  墓前の通路(平坦地)
通路はすべて舗装され、駐車場からお墓まで段差がないバリアフリーでアプローチできます。傾斜地の区画と比較して、格段にお墓参りしやすいでしょう。お墓はすべて南向き。
 
         
  屋根のある休憩スペース   貴重な普通墓地の区画  
  休憩スペース
平坦地の墓域にある休憩スペース。ベンチが置かれており、お墓参りのひと休みに最適。
  普通墓地
第4種と第8種は、区画を囲む外柵やカロート(納骨室)工事が必要となる普通墓地。栃木市聖地公園の場合、霊園全体から見れば、普通墓地はごく一部となっています。この普通墓地は、工事規定の範囲内であれば自由なデザインでお墓を建てることが可能です。
 

  
霊園データ

所在 栃木市聖地公園:栃木県栃木市皆川城内町450番地1

運営 栃木市(担当:環境課環境保全係)

アクセス 鉄道・バスの場合
利用できるバス路線なし。タクシーを利用。

車の場合
「国道50号・静交差点」から約18分、「倭町交差点」から約9分、「新栃木駅入口交差点」から約10分、「道の駅にしかた」から約17分。

開門時間 常時開放

区画情報 普通墓地 5.0u
永代使用料:第4種275,000円/区画、第8種506,000円/区画
年間管理料:5,500円/区画

芝生墓地 5.0u
永代使用料:第1種125,000円/区画、第3種275,000円/区画、
      第5種344,000円/区画、第6種610,000円/区画、
      第7種506,000円/区画
年間管理料:5,500円/区画

芝生墓地 6.0u
永代使用料:第2種150,000円/区画
年間管理料:6,600円/区画

永代使用料は市外の方は5割増となります。

申込要件 使用許可申請の時点において、
「栃木市に引き続き
1年以上住所を有する者で、市内に墓所を有しない者。」
「栃木市に土地、家屋又は
3親等以内の親族を有する者で、市内に墓所を有しない者。」

募集状況 返還状況に応じての再募集のみです。
返還区画とは、前使用者が事情により墓地を返還した区画の再貸付となる区画です。



  サイトトップ 栃木市聖地公園

copyright(C)2021 Sakuma Yuki all rights reserved.