サクマ・ユウキ公式ウェブサイト<付録>公営霊園情報  
 
   
  サイトトップ 東海村公園墓地須和間霊園  
 

東海村公園墓地須和間霊園を見てみる

 
東海村公園墓地須和間霊園は東海村唯一の公営霊園で、3,405区画からなる霊園。きれいに整備されており、設備もしっかりしています。現在、新規使用者の募集も随時行われていますので、村民の方であれば安心できる公営霊園としてお勧めいたします。交通アクセスについては車が基本となりますが、時間を合わせれば路線バスの利用も考えられます。

このページは、サクマ・ユウキが独自に取材・編集して作成しています。掲載の情報は公開時点のものであり、最新の状況は自治体ウェブサイトまたは担当課窓口などでご確認ください。

 


霊園を歩く

  県道にある須和間霊園の入口   手前の駐車場  
  霊園入口
県道284号豊岡佐和停車場線(いちょう通り)に面して、霊園への入口があります。
  駐車場
入口すぐ左手に駐車場があります。ここはA〜C区を利用する方のための駐車場。D区〜P区へは、駐車場に入らずそのまま坂道を上がっていきます。
 
         
  A〜C区の風景   管理事務所と休憩室  
  普通墓地(A〜C区)
霊園は大きく分けて2つのブロックに分かれており、県道側がA〜C区で構成される墓域です。すべて南向きで和型の墓石が建ち並んでいます。周囲の法面を擁壁が取り囲んでいるため、D区以降の墓域と比べて、少々窮屈な印象を受けます。
  管理事務所・休憩室
D区以降の奥の墓域に入るところ左手に、管理事務所の建物があります。ここには休憩室もつくられており、事前に予約すれば、納骨や法要など多くの人が集まる時に利用することもできます。(収容人数約35名、有料)
 
         
  幅広の車道   南向きのお墓が並ぶ普通墓地  
  車道
県道から続く道は、そのままメインの車道となります。霊園内には分散して駐車スペースが確保されているので、お墓に近い場所まで車で移動することができます。
  普通墓地
南向きの区画で統一された普通墓地。墓前の通路は1列ごとにあり、お墓が向き合うことはありません。アスファルトで舗装されており、雨の日や車イスでのお墓参りでも安心。高台にあるため、日当たりも良好です。場所により、和型区画と洋型区画とに指定されているため、雑然とした感じはありません。
 
         
  園内に置かれたベンチ   きれいに管理された水汲み場  
  休憩スペース
霊園内には緑地帯が5か所。ベンチなどが置かれているので、気軽にひと休みすることができます。ゆっくりとお墓参りが出来そうです。
  水汲み場
水汲み場には貸出用の手桶もあります。手入れが行き届いており、気持ちよく利用することができます。
 

  
霊園データ

所在 東海村公園墓地須和間霊園:茨城県那珂郡東海村須和間1134番地1

運営 東海村(担当:村民生活部環境政策課)

アクセス 鉄道・バスの場合
東海駅東口から茨城交通バス「須和間循環(右回り・左回り)」で約8分、須和間宿入口下車、徒歩4分。右回り・左回りどちらでも所要時間は同程度です。

車の場合
「国道6号・二軒茶屋交差点」から約13分、「国道245号・原子力科学研究所交差点」から約11分。

開門時間 常時開放
管理事務所:4月〜9月/
9:00〜17:00、10月〜3月/9:00〜16:00

区画情報 普通墓地
永代使用料:3.0u・450,000円/区画、4.0u・590,000円/区画、
      5.0u・710,000円/区画、7.5u・1,065,000円/区画、
      10.0u・1,400,000円/区画
年間管理料:1,000円/u

芝生墓地 2.5u
永代使用料:375,000円/区画
年間管理料:3,750円/区画

東海村に住所または本籍を有しない者の使用料は割増あり。
管理料の納付は条例の定めにより、3年分を一括納付となります。

申込要件 申請時点で、
「東海村に住所または本籍を有する方

上記以外の方(村外など)でも、事情により認められることがあります。

募集状況 募集区画数 ※令和2年7月15日現在(参考)
普通墓地 3u自由型、4u和型・洋型、5u和型
     若干数として5u洋型、7.5u自由型、10u自由型
先着順で区画を選べます。
一部区画(3u自由型と一部の4u和型洋型)では、1列ずつ順に貸付となります。

申込みスケジュール ※令和2年度(参考)
使用許可申請  
随時受付中
        事前に霊園管理事務所で空き区画を確認、仮予約(期限:2週間)
        東海村役場環境政策課窓口に使用許可申請書を提出



  サイトトップ 東海村公園墓地須和間霊園

copyright(C)2021 Sakuma Yuki all rights reserved.